2014年12月9日火曜日

エルメス展へ行ってきました!



こんにちは、革*jaocbi営業の山崎でございます。


先日相方がレザーフェアーに行ったときに頂いたパンフで知った





エルメス フォーエバー展





バッグにかかわる人間なら一度は見てみたい いや見ておかないと!!


ということで、上野の国立博物館まで行ってまいりました~~







やはり それっぽい業者の方もちらほら・・・




と思ったら早速お知り合いに遭遇・・・





やっぱ来ますよね!!




建物も素敵なのでございます・・・



こちらの洋館にて開催中でございます。




ライオンさんがお出迎えしてくれます




エントランスのお姉さんたちは皆、エルメスのスカーフを着用


すごいな~~~













ほおおお~~~


こうやってとるのか~~~すげ~~~ 


贅沢に1枚の革から1つのバッグ・・・そりゃ高いわけですよね


革も実際にさわっていいのでございますのよ


でも展示のバッグはダメでございました













リンゴ専用のケースとか王室からのオーダーだとか




それはそれは贅をつくした鞄がたくさん並んでおりました、きっとみなさんも








これは いったい幾らなんだろう 









と思いながら回ったに違いありませんw













おもしろかったのが、革張りのサイ・・・


おそらく等身大だと思われます。でかかったです。


オーストリッチのシボ感がリアルに再現してますよね、


ちなみにこの子は ズーズ―という名前だそうですよ。









ついつい動物ものに 目が行ってしまいます


革のモンキーです



ここまでくるともう芸術の域でございますね


何でも革でつくっちゃおうz  というところは弊社のコンセプトにも


通じるものがあったり なかったり・・・



一番人気の職人さんの実演ブースは 土曜日とあってかなりの


人垣だったため、撮影できませんでしたが


若いきれいなお姉ちゃんが 漉きの作業を披露してくださいました。







マジで手作業なんっすね・・・




と実感。。。だからあんなに 高いのかと、行き着く考えはいつもそこなんです、私







革のスーツケースですよ



いや、タンスだよそれ


どうやって運ぶのでしょうか










すばらしい松です


ん??松???  なぜ、松・・・



ちっこいミニチュアの エルメスバッグたちにも


根っこが生えてましたよ



これくらい展示が凝ってて、入場無料だなんて








さすがエルメスさん






ありがとうございました、大変たいへん、勉強になりました




そして目の保養になりました。













では最後に さらに目の保養になる1枚をお届けいたします























がんばれ にゃとる 今年32歳になりました




職業は 革職人




お嫁さん募集中です・・・






というわけで、エルメス展




タダだから何度も見に行ってもいいですね










ほんと、よかったですよ~~







山崎でした!!

0 件のコメント:

コメントを投稿